厚生労働省(千葉県労働局長)承認番号184号 一人親方労災協会

【受付時間】平日10時~18時(土日祝休)

お問合わせ・資料請求はコチラ

営業時間 10:00~18:00(土日祝休)

よくある質問

お客様からあったご質問にお応えします。

Q.お見積りは、お金がかかりますか?

A.正式にご加入いただくまでは、一切、料金はかかりません。

Q.加入時は、行かないとダメですか? FAX(通信)ではダメでしょうか? 

A.FAX(通信)可能でございます。ご来社不要です。

Q.一人親方に加入したいのですが、静岡県に住所があります。加入できますか?

A.加入できます。1都7県(東京・千葉県・埼玉県・茨木県・神奈川県・群馬県・栃木県・静岡県)にご住所がある方であればお取り扱いできます。

Q.同居家族と仕事をしています。誰か一人が、加入すれば全員が補償されますか?

A.特別加入制度は個人を対象とした保険ですので、ご加入いただいた方のみ補償の対象となります。お一人様ごとに、加入していただく必要があります。

Q.加入するにあたり、年齢制限はありますか?

A.ありません。ご年齢に関係なくご加入いただけます。

Q.保険料以外の費用について教えてください

A.保険料以外では月々協会費が必要になります。詳しくはコチラをご参照下さい。

Q.年度更新とは、どのようなものでしょうか?

A.特別加入制度は、4月から翌年の3月までを1年(保険年度)として保険料の計算を行います。ご加入していただくと、毎年2月中旬以降に「更新のご案内」を郵送いたします。内容をご確認いただき次年度の保険料と月会費を指定日までにお振込み下さい。

Q.さかのぼっての、加入や脱退は、可能でしょうか?

A.一人親方の特別加入制度は、さかのぼっての加入や脱退はできません。 理由は、事故が起きてからの加入を防ぐ為です。

Q.年度途中からの加入は、できますか? 

A.年度の途中加入の場合は、年度末(3月)までの保険料を月割り計算した額になります。保険料は月割り単位ですので、月初1日、月末30日にご加入されても1ヵ月分の保険料が発生します。同様に脱退時も、1日または30日に脱退しても保険料は発生します。

Q.年度の途中で脱退する場合は、どうなりますか?

A.年度の途中で脱退を希望する場合、脱退申込書に必要事項をご記入の上ご返送下さい。労働保険料は脱会月の翌月以降の未経過分の保険料は返還致します。入会金・月会費については返還いたしませんので、ご了承願います。 

Q.労働者を常時雇用することになりましたが、このままで大丈夫ですか?

A.残念ながら加入要件を満たしませんので、特別加入制度の脱退手続をすることになります。特別加入制度を継続希望される場合は、一人親方の特別加入制度ではなく中小事業主の特別加入制度をお勧め致します。

Q.特別加入制度の手続きは、個人でできますか?

A.特別加入制度は個人で直接加入手続きをすることはできません。団体を通じて加入する必要があります。

Q.給付基礎日額とは、どのようなものですか?

A.給付基礎日額とは、保険給付の額を算定する基礎となるものです。   給付基礎日額が高ければ補償内容も高く、その反面保険料も高くなります。

Q.給付基礎日額は、どう決めたらいいでしょうか?

A.給付基礎日額は、現在の所得水準に見合った額で選択していただくことを推奨しています。例えば、月収30万円であれば給付基礎日額10,000円とします。日額が高ければその分手厚い補償を受けることができますが、治療費についての補償に差はございません。

Q.給付基礎日額の変更はできますか?

A.給付基礎日額は保険年度末の3月31日までは変更できません。毎年4月1日からの変更になります。 給付基礎日額の変更をご希望の方は、2月から3月にかけての更新手続き時に承ります。

Q.届け出の都道府県以外で働く場合でも補償されますか?

A.国内での労災は都道府県に関係なく補償されます。国内であれば加入時に届け出た居住地以外で被災した場合でも補償されます。

Q.熱中症も労災の申請ができますか?

A.熱中症も労災補償の対象です。まずはお電話で状況をお知らせください。

Q.保険給付が行われない場合とはどういう場合ですか?

A.特別加入の申し込みをする際、 業務や作業の内容を具体的に記入する必要があります。そのため、加入時に申し出た業務以外については保険給付の対象外です。また、被災時に行っていた作業が業務と直接関連がない場合も保険給付の対象となりません。

Q.仕事中ケガをしてしまったのですが…

A.労災保険対応病院へすぐに行き、治療を受けてください。その際、病院へ仕事中にケガをした旨を伝えてください。保険給付に必要な書類等は当方にて作成いたしますのでご安心ください。病院へ受診後、速やかに当協会へご連絡下さい。災害発生状況等をお聞かせいただいた後、早急に必要な手続書類等をお送りいたします。

Q.通勤災害について教えてください。

A.通勤災害については、一般の労働者の場合と同様に取り扱われます。

Q.他の組合で加入していましたが、再度健康診断を受診する必要はありますか?

A.特定業務に該当される方で、他の組合で加入時に健康診断を受診されている場合、加入期間が連続していれば再度、健康診断を受診していただく必要はありません。加入期間に空白があり加入期間が連続していない場合は再度健康診断を受診していただく必要があります。

Q.健康診断の受診指定期間内に受診できなかった場合、どうなってしまいますか?

A.特定業務に該当される方で、加入時健康診断が必要な場合は、健康診断受診完了までは仮加入の状態です。健康診断を受診していないと労災が起きた時に補償が制限されたり、加入が取り消されたりします。万が一、指定期間を過ぎてしまった場合は協会までご連絡ください。